デメリットは何か

顔に触れる女性

仕組みを知ることが大事

ボトックスは手軽に受けられる美容整形として知られていますが、まずは仕組みを把握してから受けるようにしましょう。簡単に言うと、様々な美容成分を肌の奥に注入するといった美容整形になります。そのため、肌の奥に有効的な美容成分が浸透すれば、様々な美容効果を実感することができるというわけです。例えば、肌のハリが蘇ったという人もいます。肌のハリが蘇ることでシワが目立たなくなることもあり、結果的にはアンチエイジング効果を得られることになるのです。このように、アンチエイジング目的でこの施術を受ける人が多くなっています。ただし、副作用の心配もあるので、誰でもすぐに受けられる施術というわけではありません。初回はカウンセリングを受けることになります。肌の状態などをチェックするのです。アレルギー体質の人などは副作用が生じてしまう可能性が高いので、その点もよく確認した上で施術を受けましょう。もちろん、体調の悪い時にボトックス施術を受けるのも良くありません。様々なトラブルが生じる可能性が高いからです。施術は体調万全で臨むことをおすすめします。施術の日時は延期することも可能です。事情を話せば別の日時に変えることもできるので、主治医とよく相談して決めましょう。
ボトックスには副作用が生じることがあるので、どんな症状が起こりやすいのか確認しておきましょう。もちろん誰もが生じるというわけではありません。ごく一部の人に生じることがあるだけなので、それほど身構える必要はありません。それにどんな症状が現れやすいのか知っておけば、いざという時の覚悟にもなることでしょう。よく言われているのは注入した部分が腫れてしまうことです。これはボトックスによる副作用の一つと言えます。おたふく風邪のようにハッキリと腫れてしまうこともありますが、多くはそれほど分からない程度です。それにだんだんと症状は落ち着いてきます。他人には分からない程度の腫れということもあるので、あまり気にしないようにしましょう。続いて挙げられるのは注入した箇所が痛むことです。これもまたボトックスならではの副作用と言えます。これもまただんだんと感じなくなってくるので、しばらくの我慢です。一週間以上痛みが続くようなら何か問題があるので、主治医に報告しましょう。美容成分がきちんと肌の奥に浸透すれば、腫れも痛みもなくなってきます。一週間前後は様子を見るといいかもしれません。ただし、多くの美容クリニックでは施術後に状態を確認するため、受診するように言われることがあります。その時に副作用の状態なども確認してくれるので安心です。